地域社会に貢献し信頼される企業を目指す新光糖業株式会社

新光糖業株式会社

会社案内

 

ご 挨 拶

地域密着型産業の担い手として

種子島と言えば、鉄砲伝来の島。種子島と言えば、ロケットの島。種子島と言えば、サーフィンの島。そして、種子島を訪れた方々が皆さんおっしゃるのは、「種子島はサトウキビの島なんですね」。 そして、その種子島の基幹産業である製糖業を担っているのが、当社 新光糖業株式会社です。 当社は、昭和31年、国内甘味資源の自給率向上とサトウキビ生産農家からの工場建設の要請に応じて創立されました。サトウキビにとって種子島はその生産の国内最北限の地でありますが、勤勉な地元農家の皆さんの努力によって島の重要な基幹作物となっています。そのサトウキビを原料として扱う当社は、地元の経済の担い手として重要な役割を果たしています。
種子島のサトウキビ生産は、1980年代後半をピークに90年代後半まで減少傾向にありましたが、近年は新品種の普及や収穫の機械化が進んだことから再び上昇傾向に転じて、現在、鹿児島県内では徳之島と並ぶ生産高を誇っています。中種子工場の公称能力は、1日あたり1,600トンと県内最大を有しています。また、当社では環境にやさしい廃棄物ゼロ工場(ゼロエミッション)を目指しております。圧搾工程から出るバガス(サトウキビの搾りかす)をボイラー燃料として使用・発電することで工場内の電力需要を賄っており、この方式が地球環境にやさしい「グリーン電力発電設備」として認定されています。その他、製造工程から生成する副産物を堆肥原材料や特殊肥料、飼料及び発酵原材料として島内外で再利用するなど、環境保全に貢献するための様々な活動に積極的に取り組んでいます。

新光糖業は、50年以上の永きにわたって種子島とともに歩んでまいりました。そして、これからも変わらず、種子島のサトウキビ産業を支えてまいります。

代表取締役社長 森永剛司