地域社会に貢献し信頼される企業を目指す新光糖業株式会社

新光糖業株式会社

種子島プチ情報

 

種子島のプチ情報を発信しています

2017年8月31日(木)キビ作ドキュメント 台風5号襲来
さとうきびその20
さとうきびその21
8月5~6日にかけて、種子島の西海上から島の周りを沿う様に北上した台風5号。
種子島では最大瞬間風速36.3m/s、降水量244.5mm(8月3~6日)を記録しています。
上の写真が台風の前後を撮影したものですが、まず目を引くのが葉部の白さです。
これは、台風により海水(潮)が舞い上がり、さとうきびに付着した際に起きる現象です。
また、葉自体も損傷を受けています。これは、強風により葉が裂けてしまったためです。
葉部で光合成を行いますので、葉が回復しなければ、生長はとまってしまいます。
さとうきび自体もいろんな方向に曲がっています。
強い風に吹かれるとさとうきびも倒れてしまいます。

さとうきびその22
さて、上の写真はお盆も明けた8月20日頃に撮影したものです。
台風直後の写真と比較して、葉の状態(色・形)もよく、また、倒れていたさとうきびも上に伸びようとしているのがわかるかと思います。
台風前と比肩する、とまでは言い切れませんが、幾分かは回復したと言えそうです。

さとうきびは、茎が折れない限りは生長をしようとします。
ただ、光合成を行う葉部にダメージがある場合は、まずは葉部の回復を行いますので、その分生育・生長は遅くなります。
7月末日での1日あたり伸長量は3.63cm/日と良好でしたが、台風5号通過後の8月平均では1.69cm/日というデータとなりました。
生育旺盛期に手痛い損傷でしたが、これからの天候に期待したいと思います。
2017年8月25日(金)キビ作ドキュメント その5
さとうきびその11
さとうきびその15
右の写真は7月23日に撮影した写真です。
第4回に掲載した左の写真(撮影日:5月22日)と比較して、大分さとうきびらしくなってきたことがわかります。
この時期(生育旺盛期)から9月末位までは一日で3cm超ほど生長します。
それ以降も生長はしますが、一日で1cmほどになります。

大きくなれば必然的に重くなります。
出荷されたさとうきびは糖度毎の単価×(トラッシュ=不要部を引いた)重量という式で買取価格が決まりますので、この時期の生育は重要です。

さとうきびその16
さとうきびその17
左の写真は撮影は6月22日、発芽も済み、これから上に伸びていこうという状態。ここで肥料をあげます。
「追肥」と呼ばれる作業で、2度目の肥料散布(1度目はマルチを張る前に散布済み)を、小さな耕運機を改造して、半自動で供給できるようにしてあります。
余談ですが、農家さんは手先が器用な人が多く、何でも自作で間に合わせてしまいます。
私のような不器用な人間にはとてもできません。
撒いている肥料は窒素とカリウムの配合肥料です。

また、農作物には害虫という大敵がおり、対策をしておかないと被害が甚大になります。右の写真は7月14日撮影で、メイチュウ類の対策に殺虫剤を葉面散布しているところです。
葉っぱの表面に散布された薬の成分は、茎まで浸透し、中に潜んでいる害虫にも効果がある優れモノです。
天候にも恵まれましたので、わずか2~3週間の間でかなり生長しています。
さとうきびその11
さとうきびその12
上の写真は7月23日撮影。かなり生い茂っています。
Y君(180cm)の背丈を優に越すほどまでになりました。
前回説明したように、さとうきびは最終的に2~3m近くまで生長しますので、ある程度上に伸びたら土台(畝)を補強してあげる必要があります。
管理機が通った後は、右の写真のようになります。
畝間の土を管理機で寄せ上げて畝にかけます。
また、畝間に生えた雑草も処理することができました。

次回は特別編として、8月5日~6日に襲来した台風後のさとうきびの様子を掲載したいと思います。
2017年6月23日(金)キビ作ドキュメント その4
さとうきびその1
突然ですが、「うね」という言葉をご存知でしょうか。
「うね」。「畝」と書きます。畑の中で、作物が植えてある箇所の土を高く積むことで、水はけを良くしたり、作業性を良くする効果があります。
高くなっているからといって、そこを歩くと怒られます。

さて、写真は記念すべき「キビ作ドキュメント その1」に掲載した写真です。
キビマルチ(中央のビニール)の下に原料茎が植えてあります。
ここまで書けば勘の良い方ならお分かりかと思いますが、苗が植えてある部分が低くなっています。
なぜでしょうか。

さとうきびその10
さとうきびは2~3m近くまで生長します。
最初から高い畝を作ってしまうと、台風など強い風が吹いた時にさとうきびが倒れてしまいます。
ですから、最初は周囲より低い位置に植えて、生長に合わせて少しずつ畝間の土を寄せていきます。
これを「培土」と言います。
「培土」を行うことでさとうきびは直立に近い状態を保つことができ、上から下までより多くの日光を受けることで健全なさとうきびとなり、収量・品質UPにも繋がります。 「培土」を行うためには、土が軟らかくないといけません。
植付けから数ヶ月経っており、畑に入る度に畝間を踏んでいるわけですから、土は固くなっています。

さとうきびその11
さとうきびその12
土を柔らかくするには、耕すことが必要です。
この時期に畝間を耕す作業を「中耕」(ちゅうこう)といいます。
その昔は牛に曳かせたり馬に曳かせたりしていた畑仕事ですが、文明の利器「耕運機」がありますので、大変便利。
右の写真のように、耕した後の土は色が変わっているのがわかるかと思います。
また、中耕には雑草の繁茂を抑える狙いがあります。
雑草はどこからともなく生えてくるように見えますが、正確には可視できない雑草の種が畑の地表近くにあります。
中耕により、地表近くの種を地中に埋めてしまいます。
いくら雑草でも、日光がなければ生長することはできません。
「中耕」は、まさに一石二鳥の管理作業といえます。
さとうきびその1
さとうきびその14
脱輪もしましたが、無事終了しました。
次回は「追肥・培土」の様子をお伝えします。
2017年6月1日(木)種子島歳時記 ~ニガタケ~
ニガタケ
小さな日本にもその土地その土地で特色があり、自分の中では常識でも他の土地の人からみれば非常識。
旅先で文化の違いに驚くことも少なくありません。
流通や情報伝達手段が発達した現代で手に入らない物はそうそうありませんが、知らない物は調べようがありません。

そこで、このコーナーでは皆様が恐らくご存知ないであろう、種子島の季節の食べ物を紹介していきたいと思います。

第1回は「ニガタケ」。正式名称は「リュウキュウチク」というそうです。
秋にも獲れますが、春先~梅雨前の今が最盛期です。
「何はなくてもニガタケだけは食べたい!」という人がいるほど熱烈なファンをもつこのニガタケ。
たけのこの一種ですが、なんとアク抜きの必要がありません。
普通のたけのこより細長く、身が柔らかいのが特徴です。また、名前は「ニガタケ」ですが、陽のあたらない場所で育ったものは苦味がなく、ほんのりと甘さを感じます。
ニガタケ2
ニガタケ3
代表的な食べ方は、皮を剥いて、先の部分をてんぷらに。これが一番。
下の少し硬い部分は味噌汁に入れたり、煮物にして食べます。
また、皮ごと蒸す、湯がいてマヨネーズをつけて食べるなど。

冷蔵をすれば輸送が可能ということで、地元行政が生産・販売体制を整えようとする動きもあります。
皆様も機会があればご賞味頂ければと思います。
2017年6月1日(木)キビ作ドキュメント その3
さとうきびその4
さとうきびその5
前回説明したキビマルチですが、5月上旬に剥がし終わりました。
北海道生まれのY君は帰省しておりましたので、共同経営者のF君親子が剥がしている様子です。
キビマルチの材質はプラスチックですので、家で燃やしたりすることは禁じられております。
となると業者様に処分をお願いすることになります。
キビマルチをかければ収量がアップすることは間違いないのですが、その分手間がかかります。少しでも負担感を減らしてキビマルチをかけて貰うため、処分費用は弊社が負担しております。
キビマルチは泥を落とし、乾燥させた後、処分業者へ持ち込んで頂きます。

さとうきびその6
キビマルチを剥がしますと、発芽しなかった部分が目に付きます。
さとうきびは一度植えてしまえば2~3年は同じ苗で収穫できる作物なのですが、芽が痛んでいたり、土が固くなっていた場合は、芽が出にくくなります。芽が出ない部分はロスとなり、一円にもなりません。
その部分には補植という作業を行います。
さとうきびその7
さとうきびその8
芽が出ていない部分に穴を掘り、準備しておいた補植用の苗と肥料を植えてあげます。
 
さとうきびその9
そして土を被せてあげれば、たちまち収量アップ!
これをしてあげることで、反収(1haあたりの収量)を多く確保することができ、収益も多くなります。
新植(新しい苗を植えること。1年目)にこの作業を行えば、2年目~3年目も効果がありますので、効果は3倍ということになります。

次回は、中耕という作業を行います。
2017年5月22日(月)キビ作ドキュメント その2
さとうきびその3
さとうきび作りを始めたY君の畑ですが、どのようになったでしょうか。

写真は、4月23日に撮影したものです。ポツポツと芽が出始めてるのがわかるかと思います。
キビマルチをかけることで茎が埋まっている部分の温度があがるため、生長を促す効果があるのですが、かけたまま何もしないというわけではありません。

4月も中旬を過ぎると気温も上がってくるため、キビマルチのなかは蒸し風呂状態(50℃超)となり、いくら暑さに強いさとうきびでも茹で上がってしまいます。
通風性を良くしてキビマルチ内の温度を適温に調整するため、鎌で穴を開けました。写真の中心付近に切れ込みが入っているのがわかるかと思います。

基本的にはさとうきび自身の力でキビマルチを突き破って芽は出てきます。ただ、キビマルチ自体に弛みがある場合はキビマルチにかかる力が分散されるため突き破ることができず、キビマルチの中で葉が丸まってしまうこともあります。
しかし、丸まった葉もキビマルチ撤去後には元通りになるため、問題はありません。
次第に気温も高くなり、芽が出揃った5月上旬にはキビマルチを剥がす作業へと続きます。
 
2017年4月3日(月)キビ作ドキュメント その1
さとうきびその1
さとうきびその2
2016年4月に弊社に入社をした、Y君。
北海道生まれでさとうきびとは無縁の人生のようですが、九州の大学で農業を学び、縁あって現在は農務部で業務に励んでおります。
そんな彼ですが、この度さとうきび作りを始めることになりました。
共同経営者兼技術指南役兼農機具レッサーとして、同期入社で種子島育ちのF君親子のバックアップ
を受けて、2月末に植付けを完了。
種子島独自の「キビマルチ」をかけて、発芽を促しています。
写真は3月中旬頃に撮影したものですが、まだ芽は出ていません。
畑は所有者の方が高齢により離農したものをお借りしております。
ちなみに農地は約40a、作業条件に恵まれた畑で向いの端まで約120mもあります。

彼の奮闘を通じて、キビ作の1年を追って行きたいと思います。
 
2017年3月16日(木)須田那月・須田喬士郎姉弟にインタビュー その3
サーフィン5
サーフィン6
種子島でも有名なサーファー、須田姉弟にインタビューしています。
最終回である今回は、今後の夢や目標について伺いました。

(筆者) 2020年の東京五輪では、正式種目に決まったサーフィンですが、やっぱり、出たいですよね?
(喬士郎) 出たいですね。どれだけ通用するかわかりませんが、引っ掻き回したいですね。
(筆者) 選考基準などは、決まっているんですか?
(喬士郎)まだですね。どんな風になるかわかりませんが、実績を積むしかないですね。
(筆者) なるほど。プロにはならないんですか?
(喬士郎)いろいろ基準がありますんで、プロに勝たないといけないとかですね。
(筆者) ハードルが高いですね。那月さんはどうですか?
(那月) 出てみたいという気持ちはありますけど、別に目標があります。
(筆者) といいますと?
(那月) 女性で、ショートボードでプロとして登録しているのは、世界で1,000人くらいいると
     思うのですが、その中でトップ17名が「ワールドツアー」として
     各国のツアーに回る資格を有します。
     日本人でそこに入った人はいませんので、そこを目標にしたいですね。
(筆者) なるほど、それはすごいですね。ちなみに今は那月さんは何位くらいなんですか?
(那月) 67位ですね。(※2016年12月26日現在)
     来年は25位を目標にしたいです。
(筆者) 凄いですね!世界で上から数えたほうが早いです。
     それではお二人に最後の質問です。
     種子島でアピールするポイントはさまざまあると思うのですが、種子島って
     どんなところが魅力的でしょうか?
(那月) さとうきびとかですね。毎日見てますから。あとは、安納いもにロケット、海・・・
(喬士郎)あとは、人が優しいとか。
(那月) 行きたい島ランキングとかでは順位が高いんですけどね。
     東京~種子島便とかあればいいんですが・・・
     (※筆者注 シーズン限定ですが、大阪~種子島便の飛行機はあります)
(筆者) そうですね。やはり実際に来てみないとわからないと思います。
     お忙しい中、お時間を頂き、ありがとうございました。

喬士郎さんは中学生とは思えない程はきはきと自分の考えを話してくれました。
那月さんは、内に秘めた思いが強い人なんだと思います。
厳しいプロの世界で闘うということの大変さが伝わってきました。

これからも種子島を拠点に世界を相手に闘う須田姉弟を応援していきたいと思います。      
 
2017年2月16日(木)須田那月・須田喬士郎姉弟にインタビュー その2
サーフィン1
サーフィン4
種子島でも有名なサーファー、須田姉弟にインタビューしています。
今回は、種子島の魅力について伺ってみました。

(筆者) お二人は、生まれも育ちも種子島ですか?
(姉弟) そうです。親は本土からの移住者ですが、私たちは種子島生まれです。
(筆者) お二人とも大会で国内国外問わずいろいろな場所に行かれているそうですが、種子島の海の
     魅力を教えて頂けますか?
(那月) やっぱり綺麗ですよ。
(喬士郎)そうですね。ごみが少ないからじゃないですかね?
(那月) それもあると思います。ほかの海は、全部ではないでしょうけど濁ってますよ。
     あとは、身近に海があることですかね。
     東側がだめなら、西側の海に行ったりしますし。
(筆者) なるほど、確かに、海を見たことがないという人も日本にはいるでしょうからね。
     身近にあるというのは、凄いことなのかもしれません。
     それでは、海に限らず、種子島の魅力とは?
(那月) 星がきれいですよ。夜は静かですし。あと、南の島の割には四季があることですかね。
(筆者) 四季がある?
(那月) 南の島って、常夏のイメージですけど、種子島は冬は風が吹いて寒いですし。
     秋や春も感じます。風向きが変わったり。
(筆者) 四季の味もありますしね。なるほど、言われれば確かにそうかもしれません。
(喬士郎)あと、人のやさしさですかね。やっぱり都会に行ったりすると感じますね。
     ぶつかっても、何もいわないですしね。あと、サーフボードもって電車とか、
     気が引けますよね。
(筆者) それは・・・まあそうかもしれませんね。身長くらいありますからね。

     やっぱり同じ競技者だからでしょうか、お二人は大変仲がいいですよね。
     那月さんから見て、喬士郎さんはどんな存在ですか?
(那月) やっぱりライバルですよね。
(喬士郎)そうですね。出る大会の階級(年齢別)も違いますけど。
(那月) 練習も一緒にしますし。ただ、練習内容は別ですけど。
(喬士郎)切磋琢磨する関係ですね。種子島って限られた場所で、身近にライバルがいるのは
     ありがたいことです。
(筆者) お互いが刺激し合える関係ですね。

次回は、今後の夢や目標、そして種子島について質問したいと思います。      
 
2017年1月16日(月)須田那月・須田喬士郎姉弟にインタビュー
サーフィン1
サーフィン2
以前、「種子島は、国内屈指のサーフィンスポット」としてご紹介しました。
今回は、種子島でも有名なサーファー姉弟の須田那月さん、喬士郎さんにインタビューをしました。
那月さんは種子島を拠点にプロで活躍中のサーファーで、喬士郎さんは島内の中学に通う学生です。

(筆者) こんにちは。喬士郎さんとは初めてですね、はじめまして。今おいくつですか?
(喬士郎)今は15歳で、中学3年生です。
(筆者) 多忙な時期に時間を頂きありがとうございます。那月さんはJPSA(日本プロサーフィン連盟)
     所属のプロということで、お忙しい中ありがとうございます。
     種子島では有名なお二人ですが、まずサーフィンを始めたきっかけはなんだったんですか?
(那月) 『よいらーいき』(種子島弁で「協力し合って」)という、町主催のスポーツクラブがある
     のですが、そこで11歳から初めてそのまま熱中して、という感じですね。
(筆者) それからは一度も挫折はしなかったんですか?嫌になったり?
(那月) なかったですね。
(筆者) それはすごいですね。喬士郎さんは何歳くらいから始めたんですか?
(喬士郎)物心着いたときからですね。2~3歳からはサーフボードに乗ってました。
(筆者) すごいですね!物心着いたときからずっとですか。やめようとは思わなかったんですか?
(喬士郎)小学校高学年のときは、一時的に飽きましたね。サッカーとか野球をしてた時期も
     ありますけど、試合には継続して出てました。
(筆者) お二人ともずっと夢中なんですね。
     プレイヤーとしてサーフィンの魅力とは、なんでしょう?
(那月) 自然の中でするスポーツ、というところでしょうね。競技場を借りたりする必要も
     ありません。すぐに気軽にできます。ただ、自然相手ですので危険もあります。
     初めての人は絶対インストラクターの人についてもらった方がいいですね。
(喬士郎)風を切る感じがして、好きです。独特な浮遊感もあります。全身を使っている
     という感じがたまりません。
(筆者) なるほど。2020年の東京五輪で正式種目になったということもあり、
     これからテレビ放送などの機会も増えると思うのですが、サーフィンをしたことがない人も
     大勢いると思います。どんなところに注目してみればいいでしょうか?
(那月) サーフィンは技を競い合うスポーツです。スピードや美しさなどが採点基準に
     なるのですが、技と技の連携がスムーズだとか、波に対しての角度、また、波の
     切り方というか、白泡がたくさんでているか、というのも、加点対象となります。
(喬士郎)やはり、魅せるスポーツですので。あとは、プレイヤーの個性というか、スタイルの違い
     がありますね。これを説明するのは難しいのですが・・・まあ、キャラ付けというか、
     最近のトッププロは、成績順で好きな背番号をつけることができるようになりました。
     サッカーや野球のように、この番号といえばこの選手、といったような観戦の仕方が
     できるようになりました。
(筆者) なるほど、巨人松井は55番、といったような感じですね。

次回は、種子島の魅力について聞いてみたいと思います。      
 
2016年10月7日(金)種子島のサーフィン事情について
サーフィン1
サーフィン2
サーフィン3
サーフィン4
種子島は、国内屈指のサーフィンスポットとしても知られています。
島外出身者で、趣味がサーフィンで有名な弊社製造部の高橋さんに、サーフィンや種子島の魅力についてインタビューしました。(上の写真で素晴らしい波乗りを披露しているのが高橋さんです)

(筆者)おつかれさまです。高橋さんがサーフィンを始めたきっかけについて教えてください。
(高橋)20歳のとき、友人の勧めで始めました。
(筆者)サーフィンの魅力とはなんでしょう?
(高橋)傍から見るのと比べて、実際にやってみると難しかったことです。
    できなかったことができるようになるのが楽しかったですね。
    また、いい波に乗るために、オーストラリアやインドネシアに行ったこともあります。
(筆者)いろいろな国の海と比べて、種子島の海はどうですか?
(高橋)水が綺麗で、混雑もしないし、サーフィン向きの海です。
    海外並みの波も来ます。
(筆者)島外出身者として、種子島の魅力とはなんでしょう?
(高橋)皆さん人柄がいいところです。
    近所の人とのつながりが強く、皆さんの面倒見もよい、都会にはない暖かさだと思います。
    また、自然に囲まれて生活しているので、不便なときもありますが、
    逆に、不便もまた楽しめる、ということも魅力のひとつです。
    サーフィンのほかにも、魚釣りでも有名ですし、農業など、
    できることはたくさんありますよ。
(筆者)では最後に、サーフィンが東京五輪の正式種目になったことについて、どう思われますか?
(高橋)会場や合宿場として誘致できれば、種子島のPRや活性化にも繋がることがあると思います。
    また、種子島から出場を目指している人もいます。活躍を楽しみにしています。
(筆者)ありがとうございました。
 
2016年6月27日(月)従業員有志でバレー大会に出場しました
バレー1
バレー2
平成28年6月15日、従業員有志で職場対抗ナイターバレーボール大会に出場しました。
昼休みやアフターファイブの練習も虚しく、全敗という結果に終わりましたが、チームワークはばっちりでした。
来年こそは1勝を目指して、頑張ってください。
出場された方々、おつかれさまでした。
 
2016年6月21日(火)種子島のウミガメについて
アカウミガメ ↑産卵を終えて海に帰るウミガメ
海に帰るウミガメ↑孵化したばかりのウミガメ

種子島は昔からウミガメの産卵地として知られています。

平成25年には中種子町の西海岸に位置する、全長約12kmの砂浜が続く長浜海岸を中心に約1,400頭、種子島全体で約2,700頭が上陸し、初めて上陸日本一となりました。

鹿児島県は昭和63年にウミガメ保護のため、「ウミガメ保護条例」を制定しており、県民が一体となって保護を図るため、ウミガメ保護監視員を配置して保護に取り組んでおります。

毎年4月下旬から8月中旬までの期間で産卵が行われています。今年は4月30日に初上陸が確認されました。
地温の変化によって産卵から約60日程度で孵化が始まります。
その期間、地元の小学校などで孵化・観察を行ったり、夏休みには多くの子どもたちがウミガメについて学習し、子ガメの放流会を行ったりしています。

今年も家族向け、また島外者向けで放流会を行う予定とのこと。夏休みの思い出にいかがでしょうか。

※中種子町ウミガメ保護監視員:笹川二成様に協力頂きました。ありがとうございました。
 
2016年5月15日(日)従業員有志でテニス大会に出場しました
テニス
テニス2
テニス3
テニス4
平成28年5月13日、従業員有志で八千代杯争奪クラブ対抗ソフトテニス大会に出場しました。
結果は優勝!・・・とはなりませんでしたが、初出場4位と大健闘。
当日は天候が心配され、筆者試合中に一時雨で中断となったものの、最後まで屋外で試合をすることができました。
出場された方々、おつかれさまでした。
 
2015年11月24日(火)ロケット打ち上げ成功しました
ロケット縦
ロケット横
平成27年11月24日15時50分、H-IIAロケット29号機(H-IIA・F29)が種子島宇宙センターから打
ち上げられました。日本初の商業衛星ということで、注目されました。
この写真は当社従業員のI養さんが西之表市の天女ヶ倉にて撮影したものです。
ロケットが力強く宇宙へ向かって飛んで行くところで、さとうきび畑や木々の緑で海や空の青さが際
立っています。
 
2015年10月26日(月)創立記念行事を行いました
大漁
大物
平成27年10月26日は、当社の創立記念日でした。それに伴い、創立記念行事として釣り大会が行われましたので、釣果を掲載します。

①左の写真:大漁賞 H高様 オナガグレ 4匹
②右の写真:大物賞 T馬様 クロ(グレ) 28cm
当日は水温が暖かいためか、エサ取りが多く苦労したとのことでした。
険しい状況での良釣果、おめでとうございます!!
 
2015年10月11日(日)3市町の職域リレーに出場しました
中1
中2
西1
南1
平成27年10月11日、3市町(西之表市、中種子町、南種子町)のそれぞれで体育祭が開催され、当社も毎年職域対抗リレーに参加しています。 バトンの代わりとしてさとうきびを担いだり、大旗を掲げたり、増反推進などと書かれたゼッケンをつけて颯爽と走り、会場の注目を集めました。
大変おつかれさまでした。
 
2015年08月19日(水)ロケット打ち上げ成功しました
ロケット
JW Player goes here
平成27年8月19日20時50分49秒、種子島宇宙センターから宇宙ステーション補給機「こうのとり」5号機を搭載したH-IIBロケット5号機が打ち上がりました。 夏休みということもあり、種子島内外から集まった大勢の人たちは、各見学所で迫力の打ち上げを見守っていました。