地域社会に貢献し信頼される企業を目指す新光糖業株式会社

新光糖業株式会社

会社案内

 

沿 革

昭和31年11月 新光製糖株式会社の出資により、朝日開発株式会社を設立(資本金5千万円)
昭和32年12月 中種子工場を建設、原料処理能力150t/日にて黒糖製造を開始
昭和35年11月 分蜜糖の製造開始
昭和36年11月 西之表工場を建設、原料処理能力300t/日にて黒糖及び分蜜糖の製造開始
昭和37年11月 南種子工場を建設、圧搾能力300t/日にて分蜜糖の製造を開始
昭和38年1月 新光製糖株式会社に吸収合併され、同社鹿児島事業所となる(総原料処理能力1,300t/日)
昭和39年10月 新光製糖株式会社より分離独立、新光糖業株式会社として発足(資本金3億円)
昭和49年9月 南種子工場廃止
平成6年12月 原料品質取引制度(甘蔗糖度)開始
平成7年9月 西之表工場を廃止し、中種子工場1工場となる(公称能力1,300t/日)
平成11年7月 結晶缶、吊下自動分離機3機更新により公称能力 1,400t/日に増強
平成13年6月 効用缶、結晶缶更新、吊下自動分離機1基増設により公称能力 1,600t/日に増強
平成15年12月 ボイラー制御監視システム、排水処理設備設置(連続活性汚泥方式)
平成16年12月 清浄工程制御監視システム導入
平成19年12月 さとうきび細裂機設置
平成20年12月 結晶工程DCSシステム化
平成21年12月 分離工程DCSシステム化